植栽屋のノウハウぶろぐ

17.03.01

どうも、ぜるふ西田です(^^)

今回は庭作業で使う道具の選び方についてお話しいたします。
その中でも必需品である「はさみ」です。

みなさまは日頃、どのようなハサミをお使いでしょうか?
園芸店やホームセンターなどにいると色んな種類のものがあって悩まれる方も多いのではないでしょうか?

上の写真をご覧ください。いわゆる、片手で使えるはさみです。
ちなみに花や木の作業で一番便利が良いのは・・・

花:右から2番目。¥1000〜¥2000
木:真ん中。¥3000〜¥5000(価格帯の目安)

があれば、最低限の作業はできます。(木に関していえば、できれば上部にある剪定のこぎりがあると、太い枝や幹を切る時に尚更便利です。)

値段はピンキリで、一般の方向けで費用対効果を考えた場合、花のはさみはARS社の「クラフトチョッキ」という商品が切れ味は良いし、万能に使えるのでおススメです。
木のはさみは、これもARS社、岡恒社の剪定ばさみが同じ理由でおススメです。

これらは他の商品と比べると、安いはさみではないかもしれませんが、あまりにも安く売っているようなものは、切れ味がすぐに悪くなったり、操作に不具合が生じるなどして、長持ちがしないことも多々あります。

また、ここでは取り上げなかった、生垣などを切る時に使う両手タイプの「刈り込みばさみ」も上記であげたメーカーさんのものが実用的です。

道具の中でも特に使用頻度が高いはさみ選びには、決して価格だけでは判断せずに良い物を揃えていってください。

結果的に安いものを買った場合よりも何かと得をしますので(^_^;)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

チェリーセージ・グレッギーブルー

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る