植栽屋のノウハウぶろぐ

17.04.26

どうも、ぜるふ西田です(^_^)

日々、お庭の植物から室内の植物までご相談をお受けいたしております。

そう思うと、植物が好きな方、お悩みの方が多いという事実を

改めて実感する次第であります。

他には何のとりえもない僕ですが・・・

せめてこういうことで人助けができればと思う日々です(^^;)

 

 

「グランドカバー植物って、何を植えればいいのだろう?」

 

関心はあるけれど、なかなかどうしていいか困っている方も多いですよね~。

一般的な砂利やタイル、防草土などのハードのものでなく、

緑のようなソフトなもので地面を覆う方法もあります。

グランドカバー植物や芝が一例です。

しかし、ココでも植物の選択が難しいことと、

その後の手入れが問題になることもあります(^~^)

僕らプロでも知識がないと、実際には難しいのが実情です。

 

例えば、ハーブで言えば「タイム」もなかなかイイです。

ただし、初心者にはできる限り木質化するものでない這性のタイプがおススメですね。

中でも「クリーピングタイム」は比較的使い勝手がイイです!

その他の一例であげれば、

 

・エリゲロン

・ワイルドストロベリー

・ニゲラ

 

などは、放っておいてもどんどん増えていきます(・_・;)

ただし、増えすぎると困るという方には向きませんね。

 

「ミント」はビックリするくらい増えていきますが、

何かと手に負えなくなるので僕的にはNGです。

本当に雑草レベル!(笑)

また、近年人気のリピア(イワダレソウ)は

冬の見た目がパッとしませんので・・・どうでしょうかね?

 

他にもこれまでの成功・失敗の実践経験をもとに、

おススメのグランドカバー植物は色々とご紹介できます。

(夏と冬にできるだけ汚くならないように、

 品種や植え場所などを考慮することが重要です。)

 

ぜるふでは、そういったじばいるでの経験も直にお伝えしていきますので、

ご一緒にセルフガーデナー、楽しみながら目指していきましょう!(^O^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る