植栽屋のノウハウぶろぐ

17.04.12

大分市、ようやく晴れましたね!

こんばんは!ぜるふ西田です(^_^)

庭の植物たちを見渡すと、少しずつ葉が展開して、

花は次から次に咲いてきている印象を受けます。

庭作業をするには本当に気持ちがイイ季節ですね(^^)

 

「自分で花を買ってきて植えてもなぜかいつも育たない。。」

 

こんな感じで、よくお客様からご相談をお受けいたします。

「土が悪いのでしょうか?水やり不足でしょうか?」

と、ご質問はこんな感じで続くのが常です(^^;)

結論を言いますと、大方の原因は・・・

 

①品質の良い苗の選び方が出来ていない。

②「土は植物の住居。」

 安い土を使うなど、土に対するこだわりが少ない。

③水やりの仕方、タイミングが習得できていない。

 

などが挙げられます。

その後ですね。

日当たりや病害虫とかは(^~^;)

 

 

特に①ができるかできないかで、その後の生育に大きく影響を

与えますので習得すべきです。

(ガーデニングの経済的要素にも響きますからね。)

園芸店の店員さんに聞くのも一つの方法ですね。

そしたら大抵出てくるワードが「株」です。

投資の株ではなく、植物の株が良いのを選ぶ(^^;)

同じ価格の苗の中に、品質の良い苗と悪い苗が混じっているので、

花が咲いているとかいう理由だけで選ばないようにしてください。

例えば・・・

 

・根元からたくさん分岐して茎葉が出ている株。

・根が白いものや多少、根が茶黒色でもポットの中でグルグル、

 または底穴から突き出ている株。

・葉色が濃く、病害虫の被害がない株。

 

など、挙げてたらキリがない程に選ぶポイントがあります。

 

ぜるふではこういった知識と購入テクニックもお教えしていきます。

皆様の経済的ガーデニング、応援いたします <(_ _)>

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る