植栽屋のノウハウぶろぐ

17.06.24

週一回のこんばんは!ぜるふ西田です(^_^)

暑い日が続きますが、皆様、庭作業はされておりますでしょうか?

今からはより一層、木々の枝が伸びたり、雑草が生えたり、

嫌な虫が出てきたり、草花の水やりが大変だったりと。。

一年の中でもどうもやる気が出ない時期ではないでしょうか?(笑)

・・だからといって、誰かがやらなければたちまちに荒れていきますしね(^^;)

 

また、この時期にご相談が多いものの一つが

観葉植物の管理法。

(たまに、じばいるブログでも書いておりますが。)

なかなか上手に育てられず、お困りの方が多いのであります(・_・;)

本日はこの時期に観葉植物を元気にする方法を一つお教えいたします。

 

 

実際、何だと思いますか?

水やり?肥料?手入れ?植え替え?・・・

具体的ではありませんが、もちろん、どれも元気にする方法ではあります。

特に、植え替えと水やりは大事ですね。

ですが、もっとおススメしたい方法があります。

それはズバリ、「置き場所」です。

 

普段は家の中でも、時々は屋外の日陰に置いてあげてください。

(直射日光は厳禁。葉が焼けて細胞が破壊されますので。。)

たまには室内の停滞した風や乾燥したエアコン風でなく、

自然の気持ち良い風に当ててあげると喜びます(^^)

そして、終日雨の日には、思い切って雨にも当ててあげます。

溜まったホコリや、目には見えにくい害虫も追い払ってくれますので。

 

これだけでビックリ!

しばらく経つと、葉っぱに勢いが出てきて元気になります。

(もちろん、植物の状態にもよりますが意外とイケます!)

考えてみれば、観葉植物の多くは高温多湿の熱帯雨林で

生育しているものが多いので納得です。

できる限り、育った環境に近いものを創ってあげることが大事なのであります。

 

家の中で元気がないという観葉植物があれば、

是非、一度、試していただきたいですね(^^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

チェリーセージ・グレッギーブルー

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る