植栽屋のノウハウぶろぐ

18.02.11

週一回の役立つ庭ブログ。

こんにちは、ぜるふ西田です(^^)

 

まだまだ寒い日は続きますね~。

春に備えて、みなさんのお庭の状況

や準備はどんな感じでしょうか?

冬の庭仕事が意外に重要なことは

よくじばいるのブログでも

お話をしております。

本日はココで一例を挙げて

もう少しおさらいしておきましょう。

 

 

冬の庭作業が重要な理由は

たとえば以下の通りです。

 

①夏とは違った剪定ができる。

 

→ 特に多くの落葉樹は

  休眠期で葉がない分、

  枝の流れを確認しやすく、

  骨格を作り直せる。

  強剪定も可能になる。

 

②移植がしやすい。

 

→ 樹種にもよるが、

  落葉樹を主に休眠期を利用して

  そっと移植ができる。

  気温が低いので、蒸散による

  心配も少ない。

 

③予防消毒ができる。

 

→ マシン油や石灰硫黄合剤などで

  この時期にしかできない消毒も

  可能。また、知識があれば、

  薬剤不使用でも予防ができる。

 

④土壌改良や寒肥も効果的。

 

→ 根が休んでいる間に

  土壌改良で基盤を作り直しやすい。

  また、根が活動始めるタイミング

  を狙って肥料を効かせておくと

  春以降はバッチリ!

 

その他、バラの剪定や植え付け、

クレマチスの植え替え、

果樹の剪定や植え付けなど、

まだまだ今できることは

挙げればたくさんあります(^^)

 

一般的に春がガーデニングの季節で、

何も存じてない方は

「春になってからやろう。」

となりがちですが、

3月以降になると、いよいよ、

休んでいる植物達は活動を始め、

できない事も出てきます。

 

ここで、プロなら経験をもとに

例えいくらか遅れても

ある程度やり方を変えて

対応していきますが、

一般の方ならそうはいかず、

居心地の悪いお庭を

もう一年繰り返してしまいがち。。

 

なので、できればこの時期に

お付き合いある専門家に

お庭を見ていただいてください。

この一年の管理方法を計画したり、

先々リフォームするにも

見直しやすいのがまさに冬です。

 

ぜるふでも、セルフ庭管理に

必要なスキルを伝えていきますよ^^

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

チェリーセージ・グレッギーブルー

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る