植栽屋のノウハウぶろぐ

18.09.01

どうも、ぜるふ西田です(^^)

最近、不安定な天気が続きますね。

最強クラスの台風も近づいているし、

今後が何かと心配です(>_<)

 

さて、話はガーデニングといきます。

日々、庭仕事をしていく中で、

よく相談をお受けするのが、

室内の観葉植物だったりします。

室内は環境が悪い場合が多いので、

一般の方には何かと

管理が難しいのですよね~。

傷んでしまっている植物も

多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、室内における

最低限な管理のコツを

いくらか挙げてみます。

 

・なるべく冷暖房の直接的な

 風を当てないようにする。

 

・時々、窓を開けて換気を行い、

 新鮮な空気を取り入れる。

 

・暗い場所には置かない。

 

・水やりは土が乾いたら鉢底から

 やや出るくらい与える。

 

・受け皿に水を溜めない。

 水やりで出てきた分は拭き取る。

 

・週に数回、葉の表裏に霧吹きしたり

 拭いたりする。

 

・底から根が出る程

 根が張っている場合は、

 できれば5~10月の間に

 鉢を大きくし、植え替える。

 

これらの事をやっていれば、

いくらかは環境における生育不良や

悩ましい病害虫被害など、

悪条件から身を守っていけます。

 

外の植物もそうですが、

特に室内の植物は

やはり日々の管理が重要です。

是非、上記の事を参考してください。

 

分からないことがありましたら、

ぜるふにご相談ください(^_^)

一緒にスキルアップしていきましょう!

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

チェリーセージ・グレッギーブルー

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る