植栽屋のノウハウぶろぐ

18.09.23

どうも、ぜるふ西田です(^_^)

3連休、いかがお過ごしでしょうか?

僕は、変わらず、

じばいる+ぜるふがほとんど。

時々、読書+勉強。

そして昼寝。(笑)

今は働き盛りなので、頑張ります!

 

ところで、よく尋ねられます。

 

「どうしたら上手に花を

 育てられますか?」  

と。

 

 

だからといって、僕だって

全く枯らさないわけではありません。

ただ、仕事として20年近く

植物と触れ合っているので、

一般の方よりは枯らす確率が

低いというだけです。

 

花の日常管理について、

上手に育てるための

僕なりの考えは以下の通りです。

 

①まずは質の良い花を入手する。

 

→ 値段だけにとらわれず、

  花や葉茎、根などの状態を見て

  株の良い品を手に入れる。

 

②質の良い土で植え付ける。

 

→ 特にスペースが限られている

  鉢植えでは重要。

  土が凸凹にならないよう、

  丁寧に植え付ける。

  地植えではできる限り深く+広く

  穴を掘り、土壌改良を行って

  植え付ける。

 

③ 水やりは土が乾くのを待ってから 

  底から染み出るくらいタップリと!

 

→ 水やりは水分補給だけでなく、

  生育に欠かせない光合成にも必要。

  土が乾き過ぎてもダメだし、

  常に湿った状態で与え続けても、

  根が伸びないのでダメ。

  季節、日照時間、環境などによって、

  適したタイミングを掴むことが重要。

 

④こまめな手入れを施す。

 

→ たった5~10分でもいいので、

  簡単でも、花殻摘みや葉殻摘みをする。

  継続的にできれば結果が出ます!

  時には、茎ごとバッサリ切り戻すと

  2~3度と花を楽しめるものも。

 

⑤なるべく日光や風通しの良い所で

 育てる。

 

→ どんな植物でも、2~3時間程度

  日光が当たる場所や

  直射でなくても明るい場所であれば、

  それなりに生育します。

  また、四方が囲まれず、心地よい風が

  望める場所であれば理想です。

 

他にも、上手に育てるテクニックは

細かく言えば、色々とありますが、

まずはこの①~⑤を実践できれば

いくらかは変わると思います。

植物購入の際に、プロの店員さんに

もっともっと質問して、

是非、試してみてください。

 

ぜるふでも、上手な花の育て方を

実践形式でお教えしていきますよ(^^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る