植栽屋のノウハウぶろぐ

19.05.06

週一回の庭・ガーデニングブログ。

どうも、ぜるふ西田です(^^)

ようやく10連休も終わりますね。

みなさん、楽しめましたか?

ガーデニングもできましたかね?^^;

またボチボチやっていきましょう!

 

では、今回も植物話を少しだけ。

みなさんは花苗を購入する際に、

どのような苗を選べばよいか迷うことは

ございませんか?

これについては、過去のブログでも

少しだけお話したことがありますが、

問題はこれから暑くなる時期についての

選び方が一層、難しいという点です。

暑さによる水切れが生じやすいですからね~^^;

 

今時期からの花苗の選び方は

以下がポイント例です。

 

①ポットに対して背丈が高すぎる苗は選ばない。

 

→ 地上部(葉茎)と地下部(根)のバランスが

  合ってないので水切れがしやすい。

  風にも倒れやすい。

 

→ 特に、なかなか水やりが出来ない方には

  オススメできない苗のパターン。

 (水やりが日々、出来る方には問題ナシ。)

 

②根が回り過ぎていて握るとポットが

 硬すぎる苗や、根がほとんどなく握ると

 ポットが柔すぎる苗は選ばない。

 

→ 前者は根切りなど植える前の処置も必要で

  更に水が切れると萎れやすく、

  後者はこれから梅雨にかけて

  根腐れしやすい。

 

③花が咲いていなくても、節間が

 詰まった間伸びしていない苗を選ぶ。

 

→ ヒョロヒョロとした苗は水切れも

  しやすいし、花付きも少ない。

  小さくてもなるべく下葉が多く、

  茎分かれが多いタイプの苗がよく育つ。

 

→ 場合によっては花を落としてでも、

     切り戻しをして整える。

 

                  etc・・・

 

 

この他にも、これからの暑い時期、

苗を選ぶポイントはいくらかありますが

大まかなポイントはこんなところです。

また、植物の耐久性などによって、

例外もありますので、いずれにしても、

専門家にアドバイスを求めると

幅広いパターンの植栽が可能になるでしょう。

是非、参考にされてください(^^)

 

ぜるふでは、相談・専属指導・講座などを

通して、実践的な花苗の選び方を

学んでいきますので、必要な方はご利用ください。

経済的ガーデニング、庭管理、

ご一緒に実践していきましょう(^_^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る