植栽屋のノウハウぶろぐ

20.08.02

週一回の庭・ガーデニングブログ。

どうも、ぜるふ西田です(^^)

ようやく九州は梅雨明けをして、

晴天日和が続きます。

…それはそれで暑いですがね(笑)

 

さて、庭話といきましょう。

みなさんはお庭の施工やリフォームは

いつするのが良いとお考えでしょうか?

やはり、花が多い春と思われる方が多いでしょうか?

この点について、一般的に言えば、

 

「夏以外はいつでも。」 です。

 

夏は植物が暑さや水切れで傷みやすく、

大掛かりであればある程に不利です。

たとえ、その時は上手くいっても、

後々に影響することもありますので、

個人的にはあまりオススメはいたしません。

 

また、それ以外の季節においては、

各人の要望や生活スタイルなどにより

適切な着工時期は異なります。

以下、参考までに

夏以外の季節の利点と欠点を一部挙げてみますね。

 

☆季節による庭づくりのメリット・デメリット(夏以外)

 

〇春の庭づくり

 

メリット

 

・気候が良く作業しやすい。

・植物の種類が豊富。

・根付きが良い。

 

デメリット

 

・日に日に気温が上がっていくので水やりが大変。

・一番良い季節があまり楽しめない。

・茂みが多く、庭全体が見渡せない。

・害虫も増えていく状況。

 

〇秋の庭づくり

 

メリット 

 

・作業するにも気候が良い

・植物の種類も春程ではないが

 それなりに豊富。

・植え付け後の水やりが春よりは楽。

・庭全体が春よりは見渡せる。害虫も減少傾向。

・翌春には見事な庭になる。

 

デメリット

 

・根付きが春よりも劣る。

・落葉時期にあたれば作業量が増える。

・寒さにも耐える植物の選定が難しい点。

 

〇冬の庭づくり

 

メリット

 

・庭全体が見渡せて植栽計画が立てやすい。

・既存樹木の移植もしやすい時期。

・一番華やかな春をすぐに楽しめる。

・水やりがとにかく楽。

 

デメリット

 

・気候が悪く、作業がやりにくい。

・植物の活着が良くない。

・植える植物を間違えると枯れてしまうことも。

 

etc・・・

 

 

ちなみに僕自身のオススメの着工季節は秋か冬です。

理由は上記でも挙げているように

何より、庭全体が見渡せて、かつ、春には

一番良い状態を楽しめるからです!

それまでの管理も比較的楽ですしね(^_^)

その際は、暑い夏くらいから少しずつ

計画していくと良いと思います。

まさに今頃からです!

 

ぜるふでも、お庭づくりのアドバイスはもちろん、

なかなか教われない段階的な植栽計画や資金計画などにも

随時力を入れておりますので、

ご自身でされていく方、または業者さんに

庭づくりを依頼しようかとお悩みの方は

是非、お気軽にご相談ください(^_^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

常緑アジサイ・ディクロア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る