植栽屋のノウハウぶろぐ

20.08.22

週一回の庭・ガーデニングブログ。

どうも、ぜるふ西田です(^^)

今週は暑すぎる日々が続きましたね。。

大分市はなかなか雨が降りませんので

水やりも大変です(>_<)

 

さて、庭話といきましょう。

ところで、みなさんは生垣にどういった樹種を

植えられておられますか?

生垣の木って、大方決まっておりますが^^;

 

・プリベット

・ベニカナメモチ(レッドロビン)

・カイズカイブキ

・トキワマンサク

・シルバープリベット

・マサキ類

・ツゲ類

・カシ類

・コニファー類

 

etc・・・

 

きっと、どれかに当てはまるお宅が

多いのではないかと察しますが(^~^;)

 

ちなみに、これらの木が選ばれる理由は

 

・刈込みに耐えるので、切っても萌芽しやすい。

・一本木よりも幅狭く、枝葉が茂るので密に植えられる。

・比較的に安価で、材料の供給が多く補修がしやすい。

 

などが一般的に考えられます。

 

 

それで、実際にはどうでしょうか?

立派に目隠しor美しい生垣になっておりますか?

思うように生育しないor茂り過ぎて困るなど、

お手入れで大変になってはいないでしょうか?

生垣の維持は、樹種や生育環境にもよりますが、

意外に難しいですからね、現実的に。

病害虫被害にも悩まされますしね(^^;)

 

では、どうすればよいでしょうかね?

一つの考え方として、キレイに揃った生垣ではなく、

不規則な雰囲気の生垣でも良いという考え方です。

何も、一般的な生垣樹種を選ばなくてもよいし。

生育スタイル+環境に応じて、オシャレで強い一本木や

中木、低木などを組み合わせても良いと思います。

生垣というよりは、細長いスペースに

まるで、小庭が続くような感じです(^^)

 

第一、一般的な生垣の場合、植え付け時には

竹垣などによる支柱設置から必要になるし、

数年後には取り替えが必要になる事もあるし。

枝葉の形が崩れれば、手入れも頻繁にする傾向にあるし。。

万が一、将来的に一部が枯れてしまえば、

なかなか同じサイズの樹種はないことも稀ではありません^^;

プロに依頼するなら問題はありませんが、

ご自身でするには結構、大変ではないでしょうか?

 

 

ぜるふでは、様々な生垣植栽のご提案を

ご相談やご指導を通して、樹種選びをはじめ、

植え場所の検証+植え付け方など実践的にいたしております。

必要な方はいつでもお気軽に頼ってくださいね(^_^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る