植栽屋のノウハウぶろぐ

20.09.06

週一回の庭・ガーデニングブログ。

どうも、ぜるふ西田です(^^)

 

さて、植物の話といきましょう。

みなさんはアイビー類などのツタ植物を

鉢植えや花壇、お庭などでよく植えられますか?

葉物植物って、キレイな緑が長く楽しめるし、

寄せ植えには特に人気ですよね~。

手前に垂らすように植えたり、

グランドカバーなど、雰囲気が良いですしね^^

 

ただし、注意点もいくらかあります。

例を挙げれば、

 

①ツタ類により木質化して太く育っていく点

 

 → 例えばアイビーやワイヤープランツなどは、

   寄せ植えなどに植えると、3~5年も経てば

   手入れや植え替えが大変になる。

 

 → 茂り過ぎると、カイガラムシなどの害虫も

   発生しやすい。

 

②常緑といえども葉は落ちる点

 

 → 葉が入れ替わる時期や水切れなどで

   茶葉が目立ってくる時期がある。

   頻繁に掃除が必要になることも。

 

③植え所によっては塀などをよじ登り、跡が付く点

 

 → ツタ植物によっては、

   門壁や家の壁などに引っ付くようによじ登っては

   跡を残し、汚くなりがち。

   お悩みの方は多くおられるもの。

 

 → すぐに伸びるので、植え所によっては

   頻繁に手入れを必要とすることも。

 

etc・・・

 

 

ちなみに、ツタ植物に限らず、

宿根性のツル性植物の中にもこのような注意点は

あるものです。

なので、最初の雰囲気だけで判断するのではなく、

実際にどのような生育をしていくのか?

是非、購入前に植栽のプロにアドバイスを得てください。

後々、後悔しないためにも、植物の選定や

植え所が重要になってきますからね(^^;)

 

お近くに頼れる方がおられないようであれば、

ぜるふにも、いつでもお気軽にご相談ください(^^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る