植栽屋のノウハウぶろぐ

18.09.12

どうも、ぜるふ西田です(^^)

少しずつですが、涼しくなってきて、

いよいよガーデニングの秋ですね~。

 

…と言っても、年々短くなる秋の季節。

一気に寒くなりますからね~(><)

是非、みなさんには貴重な秋に

植物と触れ合って

楽しんでいただければと思います。

 

さて、話はガーデニングといきましょう!

 

「うちには広い庭がない。。」

 

「ベランダではなかなか・・・。」

 

そう思って、諦めてはいませんか?

 

ちなみに、ガーデニングは、

最低限の適切なスキルさえ

身につけてしまえば、

場所を問わず、

誰にでもできることから

絶えず人気が続くのであります。

 

ところで、みなさんは

ベランダガーデンには地植えにはない、

メリットがあるのをご存知ですか?

例えば・・・

 

①庇があることに強みがある。

→ 〇豪雨や雪、霜除けになりやすい。

  〇夏は太陽が高いことで遮光になり、

   冬は太陽が低いため直光になる。

 

②鉢植えがメインとなるため、

→ 自由に移動ができ、日当たり具合

  や風当たりなど、設置環境を

  変えることができる。

 

③生育の調整がしやすく

→ 比較的コンパクトに扱える。

  手入れがしやすい。

 

         etc・・・

 

一方で、デメリットもあります。

 

①コンクリート基礎のため、

 照り返しによる温度上昇や

 冷え込みが激しい。

 

→ レンガやウッドタイル、

  マルチング材で対処する。

 

②風当りが強く、乾燥もしやすい。

 

→ 植物や鉢など、場所によっては

  選ぶことから考慮する必要も。

 

③過重や排水溝の詰まりの不安。

 

→ 物を置き過ぎず、排水溝のケア

  をしていればまず問題ありません。

  不安であれば、一度、専門家に

  相談するのが手っ取り早い

  オススメ対策です。

 

            etc・・・

 

また、建物内の中庭になると、

ベランダガーデンとはやや、

日当たり具合や風当たりなど

色々と事情は変わりますが、

植物の選び方をはじめ、

適切なやり方を学べば、

ベランダガーデンと同様に

地植えにはないメリットを活かせます。

 

何でもそうですが、

「知っているか、知らないか?」

の違いがガーデニングでも

大きなポイントです。

 

自身でやるガーデニングなら、

 

「初心者専門、最低限スキル習得」

 

ぜるふで、ご一緒に学んでいきましょう!

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る