植栽屋のノウハウぶろぐ

17.04.18

こんばんは!ぜるふ西田です。

春本番ですが、日によっては初夏の陽気を感じる日もあります(^^;)

みなさま、どうか体調を崩さないようにお気を付けください。

 

本日は植え替え植物のお話しを少しだけ。

みなさまが今植えておられるパンジー・ビオラなどの一年草は

5月いっぱいで終わりを迎えます。

(放っておけばもっと咲き続きますが、病害虫の原因になりますので

 早めに抜き取りましょう。)

秋からですからね。

十分に楽しませてくれたのではないでしょうか。

これからはいよいよ夏~秋の植物になりますね(^_^)

 

お店の目立つ所にある夏植物、どのような草花が思い浮かびますか?

(じばいるが~でんでは季節の花を即10個は答えきれないと

 スタッフは僕に責められます)(笑)

ご存じの方もおられるかと思いますが、

これから選ぶのに注意する草花は例えばこんなものです。

 

・ポーチュラカ

・松葉ボタン・松葉キク

・ニチニチソウ

・ケイトウ

・ジニア

など。

 

これらは品種や品質にもよりますが、

長雨に弱いのですよね~。

なので、軒下など雨が当たらない所が確保できなければ、

梅雨が終わってから植える方が無難です(^~^;)

 

・マリーゴールド

・サルビア

・メランポジューム

・千日紅

・ペンタス

などは比較的、長雨にも強いですね。

さすがに気候が違うので、北海道ガーデンのようにはなりませんが。。

 

初心者の方も是非、試してみてください(^_^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

チェリーセージ・グレッギーブルー

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る