植栽屋のノウハウぶろぐ

17.05.12

こんばんは!ぜるふ西田です(^^)

本日はじばいるが早く終わったのでブログやってます。

第二の事業であるぜるふも、

各地でセルフガーデナーを誕生させていけるよう、

ボチボチではありますが頑張っていきます!

 

 

さて、本日は「マルチング」のお話しを少し。

土面を隠し、雑草防止や土面の温度を保つ役目などがあります。

例えば、園芸では「バークチップ」もよく使いますね~。

観葉植物の鉢に使うアレです。

お庭で使えば、これからの夏でいえば、

照り返しを防ぎ、少しながらの乾燥防止にも役に立ちます。

冬は凍結防止や保温にも役に立ちます。

また、泥の跳ね返りを防ぎ、病害虫などの予防にもなるし、

他にも効果は色々とあります。

 

・・・チップの場合、時間が経つと色が褪せたり、ダンゴムシなどの微生物が

チップの下に集まったりもしますが。。。

お庭ではそれもある意味、「自然」かな?と。(^^;)

「自然循環」「ライフサイクル」「食物連鎖」・・・

・・・あれ、言いたい言葉が思い浮かばない(笑)

「生態系」?

ともかく、肥沃な土には多少の微生物も必要であることはご存知の通りです。

 

今や、化成肥料などの人工的な施しが多いこの時代。

化成肥料でいえば、微生物の助けを必要とせずに

栄養分を素早く植物に送りこめるのですよね。

そうすると、土には微生物が必要なくなって

やがて固くなる。

鉢植えなんかは本当にこのパターンが多い。

便利とは言えども、結果を早く求めるがあまり、

容易な方向へ走りがちな点はある意味課題でもあります(・_・)

 

・・・話はそれましたが、是非、お庭でマルチングも活用してみてください。

前述したチップでもワラでも、ピートモスでも良いので、

株元を覆ってやってください。

草花などを植えているスペースには役に立ちます。

 

マルチング、ぜるふでも一緒に学んでいきましょう(^_^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る