植栽屋のノウハウぶろぐ

17.05.19

ご無沙汰しています。ぜるふ西田です。

ぜるふの仕事を全くしていない訳ではないのですが、

ブログはサボり気味です(・_・;)

時間を見つけては、何か綴っていきますので、

よろしければご覧ください <(_ _)>

 

さて、本日はガーデニング知識の身に付け方を少し。

皆様はどのようにして学んでおられますか?

例えば、分からないことがあればネットで検索。

今時代はこのデジタル的なやり方が主流でしょうか?

ちなみに僕の場合は、ネットで調べることもありますが、

主流は「本」です。

 

 

初心者だった20歳の頃からずっとそうでした。

理由は、

 

「ネットで調べるは一過性で、記憶に残りにくい」

 

と僕自身は考えているからです。

ネットは情報量が多すぎて逆に混乱しがちです。

その時は理解しても、楽して簡単に調べれば知識として身に付きにくい。

苦労して色々とアナログ的に調べることで、長期間に渡って身に付くし、

そういう知識はなかなか衰えない。

実経験からそう思います。

・・・けれども、現代は検索自体は無料だし、

わざわざ本を買ってまで調べたりする人は少ないでしょうけど(笑)

 

更にもっと言えば、これらの勉強に加えて、

できれば「体験」が結び付けば最強です(^^)

趣味でも仕事でも、ボランティアでも構いません。

ネットや本では分かりにくいことが明確になり、

少しずつ本物のスキルが身に付きます。

 

じばいるのお客様でも多くいらっしゃいますが、

植物に詳しい方って少なからず存在しますよね~。

そんな方ほど、毎年+毎年、ご自身で植物に触れて楽しみ、

お庭やベランダなどのガーデンスペースの空間づくりに興味を持たれております。

僕自身も時々、学ぶこともあります(^^;)

 

なので、この時代に僕が申し上げるのもなんですが、

ネット検索に頼り過ぎずに、その他の色んな方法も試されてください。

たとえ、多少のお金がかかったとしても(^~^;)

公私問わず、きっと役に立つスキルが身に付きますので。

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る