植栽屋のノウハウぶろぐ

17.10.28

どうも、ぜるふ西田です(^^)

大分市、10月は雨ばかりでしたね。

最近、ようやく秋晴れが続きましたが

また台風接近で週末は雨。。

気分が下がります(T_T)

 

さて、気を取り直して、

恒例、ガーデニング話をしましょう!

今回は初心者をはじめ、

誰もが長続きしやすい

「鉢植え植物の選び方」について少し。

 

 

みなさんは鉢植えをする時、

どのような植物を選ばれますか?

一年草?宿根草?低木?葉物系?

あるいは、多品種MIXでしょうか?

 

僕自身、これまで約18年、

日々の仕事でずっと鉢植えを

してきて感じたことがあります。

それは、

 

「宿根草や(小)低木が多い鉢植えは

 長続きしない方が多い。」

 

という事実です。

以前の僕もそうでした(笑)

 

それで、僕が出した結論は、

 

「鉢植えは一年草のみ、

 または、一年草と宿根草

(葉物含む)の8:2程がベスト!」

 

という考え方です。

 

単品植えでも寄せ植えでも

構いません。

これなら、まだ誰にでも

やりやすい方法だと考えております。

 

理由はいくらかありますが、

 

①一年草が多いと、

 年間を通して変化があり楽しめる。

 

②宿根草が多いと花期が短いものが

 多いため華やかさに欠ける。

 

③②に加えて、(小)低木などの

 鉢植えは長期間根が張るので、

 植え替えが大変になってくる。

 その点、一年草は植え替えが容易。

 

などが一例です。

 

考えてみれば、そもそも、

鉢植えという狭い空間に、

寿命が長い植物を植えるのは

管理に無理がありますよね~。

ガーデニングが得意な方ならともかく

初心者には難しくて当然です^^;

 

勿論、葉物だけの植え込みも、

ポイントであると映えますので、

個人的にはアリだと思います。

ただし、多くなり過ぎると、

後々、鉢の置き場所や

処理に困ったりする

可能性が高いので注意が必要です。

 

それから、寄せ植えもオシャレで

見た目も楽しいですが、

花or葉っぱだけの単品植えも

捨てたものではありません。

一品の特徴とボリュームを出すのなら

単品植えはかなりオススメです!

 

以上、鉢植えの管理しやすい植え方の

個人的見解によるご紹介でした^^

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る