植栽屋のノウハウぶろぐ

18.02.18

週一回の役立つ庭ブログ。

どうも、ぜるふです(^^)

大分市は少しずつですが、

春の気配を感じてきましたね。

・・・東北の方ではまだまだ

厳しい寒さが続くようですが(><)

日本全国、少しでも早く

穏やかなガーデニングの気候に

なると良いですね~。

 

ところで、みなさんは植物に

肥料などを与えることはありますか?

その作業のことを、僕ら業者は

一般的に「施肥」と呼びます。

 

 

で、今時期に与える施肥を

寒肥と呼び、庭木などは特に

この一年の生育を助長する

大事な作業の一つです。

では、ご存知ない方のために、

少しだけ施肥の種類について

お話いたしましょう(^^)

 

季節の草花管理における

通常の生育助長の施肥の他にも

施肥の種類はいくつかありますが、

特に大事なものはこの2つ。

 

①寒肥(基肥)

 

 →1,2月の冬時期に与える肥料。

  庭木や草花の生育開始に合わせて

  タイミング良く効かせる施肥方法。

  油粕系の遅効性有機質肥料が中心。

 

②お礼肥

 

 → 庭木や草花などの開花後に

   栄養を与える施肥方法。

   これで開花に費やした体力を

   回復でき後々の健全な生育に

   繋がります。

   有機分が加わったものや

   粒状や液体の化学質速効性肥料

   が中心。

 

その他、春に与える芽の吹き出しを

助長する「芽出し肥」や

夏の暑さで体力消耗回復のために

与える「秋肥」なども

必要に応じてはありますが、

季節の草花(主に一年草)以外は、

①+②ができれば結構十分。

それなりに元気に育ちます(^-^)

是非、参考にされてください。

 

ぜるふでは、施肥の種類だけでなく、

実際にどうすれば効果的な

施肥ができるかなども

学んでいきますよ(^~^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

チェリーセージ・グレッギーブルー

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る