植栽屋のノウハウぶろぐ

18.08.23

どうも、ぜるふ西田です(^^)

今週は台風が連続発生ですね~(><)

各地で被害がなければ良いのですが。。

 

お庭においても、台風が来ると、

花や木が傷んだりと良い事ナシです。

最も懸念されるのは、倒木ですかね。。

 

 

そこで、倒木対策について

一例を挙げれば・・・

 

①樹形や樹高、場所に応じた

 支柱の設置

 

→ 杭などで頑丈に固定して結束する。

 

②透かし剪定、適した強剪定

 

→ 風抵抗を受ける面積を減らし、

  かつ、風通しをよくする。

 

③枝葉と根鉢のバランスが取れた樹木の選択

 

→ 背が高く、葉枝が茂り、

  根鉢が極端に小さい商品は

  植え付けを避けるのが無難。

 

こういった植木は

 

→ 支柱を設置しても倒れやすい。

 

一方で、何年~何十年も

支柱をつけっぱなしと

いうのも実は問題アリです。

なぜなら、揺れが少ないので

樹木自身が根を張ろうと

しないからです。

 

樹種や樹形と根鉢の状況、

植え方にもよりますが、

植え付け後3年~5年近くしたら、

支柱を取り除ければ理想ですね。

もっと根が張っていきますので。

 

色々と判断が難しければ、

お付き合いある専門業者さんに

お尋ねしてみるのも良いと思います。

 

ぜるふでも、支柱設置や剪定など、

初心者でもできるセルフ庭管理の

提供に励んでいきますよ(^_^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る