植栽屋のノウハウぶろぐ

19.02.02

週一回の庭・ガーデニングブログ。

どうも、ぜるふ西田です(^^)

 

みなさんは鉢植えをよくされますか?

色々と植物を植えてきて、気付けば、

家の周り中、鉢だらけになって

手に負えなくなっている方も

いらっしゃることだろうと思います^^;

なるべく、そのようなことがないためにも

西田自身の考え方ですが、

鉢植えの注意点をいくつか

お話しておきましょう。

 

以下、ポイントです。

 

①鉢はなるべく見た目の良い

 プラや樹脂材の鉢を使用する。

 できれば、持てる重さの大きさにする。

 

→ 植え替えや移動など、作業の

  負担が少なくて済む。

 

②素焼鉢を使う場合、ペイント物ではなく

 シンプルな茶色やこげ茶の鉢を使う。

 

→ 塗装モノは数年経つと、色がはげ、

  激しい劣化を感じやすい。

 

③植える植物はなるべく一年草で。

 

→ 根が張る宿根草や低木などは厳禁。

  一般の方には後々のメンテが難しい。

 

→ 年に2~3回、季節の草花で

  イメージチェンジしていく方が楽しめて

  かつ、上記に比べれば負担も少ない。

 

④鉢を増やす場合は、手に負える範囲までと

 予め数量などを設定するようにする。

 

→ 鉢は大きすぎれば移動が大変になるし、

  小さすぎても水やりや後の植え替えが

  大変になる。中鉢くらいで程々の数量の

  鉢を管理するようにするとよい。

 

→ 庭や花壇があれば、移植して

  入れ替えしていくのも鉢を増やさないコツ。

 

⑤一家に専門の専属アドバイザーをつける

 

→ 必要経費として考えられるのであれば、

  何といってもこれが最良の方法です。

  ご自身だけでやっていくよりも、

  アドバイスを受けながらやっていくのとでは、

  毎年、美観や生育にかなりの差が生じます。

 

 

etc・・・

 

 

これまで、多くのお客様宅をお伺いしてきて

ガーデニングは好きだけれども、鉢植えで

困っている方々を僕はたくさん見てきました。

 

無理もありません。

限られたスペースでしか生育できない

鉢植えは、植物の種類によっては

栽培・管理が難しいからです。

日々、管理をしている僕らでもそう思う

くらいですから、一般の方にはなおさらの

ことだろうと思います(^~^;)

是非、参考にしていただければ幸いです。

 

ぜるふでも、気軽な植栽相談から実践的な講座

までと、様々な形でみなさんのガーデニングライフを

サポートしておりますので、いつでも

お気軽にご相談ください (^_^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る