植栽屋のノウハウぶろぐ

19.06.08

週一回の庭・ガーデニングブログ。

どうも、ぜるふ西田です(^^)

 

天候によって気温が変化する日々ですが、

みなさん、体調は大丈夫でしょうか?

無理せずボチボチと

植物のお世話をしていきましょう^^

 

さて、恒例、お庭のお話を。

みなさんはお庭の作業を依頼される際、

お付き合いある業者さんはおられますか?

もし、おられなければ、

どのような基準で業者選びをされますか?

一般に、お庭の業者でも

様々な形態の会社があります。

 

①造園屋さん、植木屋さん、庭師さん

②園芸屋さん、ガーデニング屋さん

③外構屋さん

④便利屋さん

           etc・・・

 

その他、お客様が選ぶ基準として、

金額や内容、スタッフの接客態度など、

色々とあるかと思います。(^^;)    

 

以前、業者選びについてはいくらか

お話したことがありますが、

特に植栽の施工や管理において、

僕自身が外せないポイントとして挙げたいのが、

 

花(下草含む)と木と一社で

総合的に施工・管理できる業者

 

です。

 

コレ、結構、重要な要素です。

知らなくて失敗される方は

残念ながら、世の中多くおられます。

 

 

 

 

例えば、よくある話。

 

・庭木の事は分かるし作業できるけれども、

 花についてはよく分からないので

 取り扱っていない。

 

→ 主に①、③、④

 

逆に

 

・花やガーデニングの事なら分かるので、

 色々とアドバイスできるけれども、

 庭木については労力上、技術や道具を

 持ち合わせていないのでできない。

 

→ 主に②、③、④

 

こうなると、特に、植栽においては、

園芸+造園のスキルをある程度、総合的に

持ち合わせている業者さんが理想だと

いうことが分かるはずです。

 

ただし、実際には一社で両方のスキルを

備えている業者は、園芸部門と造園部門を

併設している大きな店舗さんくらいで、

規模の小さい会社では代表者が

経験者でない限りはなかなかありません。

園芸と造園とでは、一種の畑違いなのです。

 

一般的にはそんな実情なので、

花の事と木の事で、付き合いある業者同士で

互いに委託するパターンがほどんどです。

このパターンのデメリットは、

それぞれ業者の得意とする専門知識が

異なるゆえに、打合せ内容をはじめ、

作業の仕方や提供内容など、

お客様とトラブルが生じやすいことも

まれではありません。

 

こういった事からもなるべく、

自社一括で行っている植栽専門の業者を

選定していく必要があります。

 

ちなみに、外構から全て行っていれば、

尚更良いですね~。

…僕の会社では現在、やっておりませんので^^;

便利屋さんは、お庭の雑草取りや

庭木の撤去など、特にこだわりのない作業を

依頼するのが良い方法だと個人的には考えます。

 

是非、業者選びの際はご参考ください。

 

ぜるふでは、業者選びをせずとも、

ご自身でガーデニング・庭管理を

マイペース+経済的に

行っていくための相談や専属指導、

スキルUP講座でサポートしていきます。

いつでもお気軽にご利用ください(^_^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る