植栽屋のノウハウぶろぐ

19.08.03

週一回の庭・ガーデニングブログ。

どうも、ぜるふ西田です(^^)

梅雨が明けたかと思えば、

猛烈な暑い日が続きますね~。(><)

みなさん、体調管理にお気を付けください!

 

さて、本日もガーデニング話を少しだけ。

この時期は水やりが大変な時ですよね~。

外に出るのは暑いし、ましてや忙しいと、

なかなかやる気が出ないのでは?^^;

 

しかしながら、この時期に

シッカリと水やりをしておくと、

花・木と共に秋以降の生育が

断然、良好になってきますので

何とか頑張っていただきたいところです!

 

そこで、暑い時期の水やりのポイントを

いくらかおさらいしておきましょう(^^)

 

①ホースでやる場合は、必ずしばらく

 水を出して冷ましてから与える。

 

→ 急に与えると暑さでお湯になっている

  ので、植物を傷めてしまう。

  また、炎天下にあるホースでは、

  2度、3度とお湯が出やすいので、

  シッカリと冷ましてから水やりを始める。

 

②水やりは午前中、なるべく早めに済ませる。

 

→ 理想は午前8時頃までに。

  日中に与えると、暑さで蒸れて

  根を傷めてしまいがち。

  午前中の水やりは生育促進にも繋がる。

 

→ 午前の水やりでも不足する場合は、

  夕方5時以降にもう一度与える。

  夕方、夜間の水やりは貯水機能を発揮する。

 

 

③なるべく花や葉っぱには水をかけない。

 

→ 日中に水をかけると、太陽光による

  レンズ作用が働き、場合によっては、

  花が傷んだり、葉焼けしたりする。

 

→ 陽が沈んでからの葉水などは

  吸水(給水)や病害虫予防など、

  効果的。

 

→ 基本は、土に染み込ませる

  ように、ゆっくり+たっぷりと

  与えるように心掛ける。

 

              etc・・・

 

 

 

 

いつも申し上げるように、

水やり3年と言われる程、

誰でも出来そうで、実は奥が深いものです。

実際にプロからレクチャーを通して

やり方を教わらなければ、

なかなか上手にはなりません。

植物によっても与え方が

変わってきますしね (^~^;)

 

しかしながら、植物に応じた

適切なタイミングと与え方を一度

掴んでいただければ、誰にでもできる

ようになってくるものです。

やはり、水やりに関しても、

知っているか?知らないか? が大きいです。

 

ぜるふでも、適切な水やり方法を

ご一緒に学んでいきますよ!(^O^)

記事一覧に戻る

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る