植栽屋のノウハウぶろぐ

20.01.05

2020年になりましたね。

明けましておめでとうございます!

みなさん、良いお正月は過ごせましたか?

今年もみなさんのお役に立てるような

情報提供や相談・指導など努めていきますので

お付き合いをお願いいたします(^_^)

 

さて、今回も庭話といきましょう。

僕自身、お客様とお話していて

よく尋ねられることですが、

「相場っていくら位ですか?」

というフレーズです。

 

一人、一日いくら?

一株、一本いくら?

㎡、㎥いくら?

 

みたいな感じです(^^;)

 

私見として結論を申し上げさせていただくと、

「お庭づくり・管理に相場はない」

という事です。

専門業者が違えば、その企業における考えも異なり、

最高のパフォーマンスをするための妥当な金額で

お客様に対し誠実に臨んでいくものであります。

 

なぜなら、お庭は、特に植栽においては、

どれも形が異なる生き物なので、

多種多様かつ、状態の違いや変化に伴うこともあり、

家や外構などの構造物のような決まった

単価が正確に算出しにくいからです。

 

知識や技術料金だって、業者のレベルによって

異なるのは当たり前で、それにより、

完成度が異なるのも当たり前です。

第一、人が違えば、一日における仕事内容の

密度だって当然違うもので、

それを比べて平均化するのも変な話です。^^;

 

よって、お庭には既製品という概念が少ないので、

直接お見積りをとっていただかないと

分からないのであります。

それゆえ、お見積り無料!のフレーズ多いですよね~。

(業者側は実際、大変なのですが。。)(苦笑)

 

 

 

いつも申し上げるように、

僕のオススメな相談方法は

 

①まずは現実的なご自身の予算を伝える。

②その予算でどのお悩みから解決していくか

 アドバイスをいただく。

③庭管理については自身がするのか?

 それともプロに任せていくのか?を

 将来的に考えた上での話し合いを進めていく。

 

という順序です。

 

予算は的が外れて恥ずかしかったとしても

言うだけ言ったほうが得ですよ(笑)

どうしても、思い付かず、分からなかったりすれば

業者の見積もり提示まで待ってみても良いですが、

大抵は金額にビックリするプランだったり

するのではないでしょうか?(^~^;)

ある程度の予算が分かれば、業者側も

プランするのに最適な内容を考えやすいですし、

時間のロスもなく助かりますしね!

お互いにメリットがあると思います。^^

 

予算が高ければ、作業内容を細かく区切って、

長期的に少しずつ実行しけば良いだけです。

多くは、一気にやろうとするから

継続できなくて失敗するのであります。

(…実際、これができる方はそうおられませんが。)(笑)

少しずつ庭づくりとそれに伴う維持を進めていけば、

美観に大きな成果が出てきます(^^)

 

…長々となりましたが、

是非、ご参考ください。<(_ _)>

 

ぜるふでも、ご希望ある方には

お庭づくりのお金の使い方など

ご指導させていただいております。

特に、植栽においてはプロでも

難しい現実がありますので、

尚更、ご自身だけでは悩まずに

是非、相談していただきたいと思います。

 

2020年もみなさんにとって

良いお庭+ガーデニングライフが

過ごせますように。

ご一緒に考えていきましょう(^_^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る