植栽屋のノウハウぶろぐ

20.02.01

週一回の庭・ガーデニングブログ。

どうも、ぜるふ西田です(^^)

ぐずついた天気の一週間でしたが、

大分市、本日は久しぶりの晴日です!

 

さて、ガーデニング話といきましょう。

ところで葉物植物って、人気がありますよね~。

葉っぱがキレイだし、種類も様々でカラフル。

鉢植えや花壇、庭植えなどに利用でき、

見ているだけで癒され楽しめますよね~。(^^)

低木類から下草までと、葉物植物は

様々なタイプがあります。

草花のような細かい手入れや水やりなどの

お世話がかからない点も魅力です^^

 

しかしながら、状況に応じた適切な植物選びや

定期的なお手入れが出来ないと、

意外に管理が難しいという面もあります。

あえて、デメリットを挙げたいと思います。(^^;)

 

☆葉物植物のデメリット一例

 

①梅雨~真夏にかけて傷みやすいものが多い。

 

→ 日本特有の蒸し暑さで下葉や中葉から

  蒸れやすく扱いづらい。

 

→ 大胆な切り戻しなどで風通しを良くし、

  なるべく涼しい環境で管理できるよう

  努めるようにすると良い。

 

②木化したり、茂り過ぎるものが多い。

 

→ 植え時は小さくても、時間の経過と共に

  モジャモジャになったり、茎が木になって

  太くなるものが多く手入れが大変になる事も。

 

→ 手入れだけでは対処できない場合は、

  移植や株分けなどの必要性も出てくる。

 

→ 植える場所を考慮し、定期的な手入れで

  生育と美観の維持が可能になる。

 

③あまり茂らず長持ちしない植物もある。

 

→ ①の理由の他にも、逆に寒さに耐えきれずに傷んでしまい、

  場合によっては枯れる植物もある。

  また、茂りが悪い植物は適切な管理をしないと、

  ヒョロヒョロになり、上手く育たない傾向にある。

 

→ 葉っぱがキレイという理由だけで選ぶと、

  観葉植物などの室内植物を屋外に植えてしまうことも。。

 

etc・・・

 

植物によっては、他にも思い付く注意点がありますが、

主なデメリットはこんなところです(^^;)

 

 

また、どんな葉物植物でも美観を維持しようと思えば、

葉殻は必ず葉の更新時などに出ますし、

茎やツル、枝は不規則に伸びやすいので、

決してノーメンテは存在しません。

それでも、植物選びと植え場所が良ければ、

ローメンテでやっていけるところはメリットです!

是非、ご参考ください。

 

ぜるふでも、お客様のご要望に応じて、

ローメンテな葉物植物の選び方や植え方を

お教えしていきますよ!(^O^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る