植栽屋のノウハウぶろぐ

17.04.24

こんばんは!ぜるふ西田です(^^)

日々、じばいる+ぜるふで、

庭仕事力を高めている所存でございます。

植物と触れ合う楽しさを、もっと多くの方々に

伝えていけたら幸いです(^_^)

手を抜かず頑張っていきます!

 

 

本日は寄せ植えのお話しを少し。

寄せ植えって、いつの時代にも老若男女問わず人気ですよね~。

この数年はギャザリングも流行っているし。

本当に見た目が美しいし、一鉢置いておくだけで

何だかオシャレ×オシャレになります(^^)

癒されますしね。

 

僕自身も20歳の頃から仕事で寄せ植えを作り続けております。

トップレベルではないけど、植物の特性を踏まえた配置や植え方、

カラーコーディネートなどボチボチできます(^~^;)

けれども、意外かもしれませんが、実はあまり寄せ植えが好きではありません。

特に最近はそう思うようになりました。

 

僕は「一品・一株植え」が好きなのです!(^^)

 

どうしてかというと・・・

やはりその方が植物がイキイキとしているように見えるからです。

寄せ合って競合or切磋琢磨して生育している姿よりも、

一株が広い土中に好きなだけ根っこを伸ばし、

広い空間に枝葉を好きなだけ大いに広げる。

そうすると、小さな一株は立派で大きな一株になる。

 

寄せ植えって、人間からすれば「デザイン」要素が強いですよね~。

ココには、この植物やこの鉢が似合うとか(^^;)

それよりも、植物の「生命力」にもっと注目したいのが僕の気持ちです。

できれば植物を材料扱いにはしたくないかな。

 

「あんなに小さかったのに、こんなに大きくなって花が咲いた!」とか。

 

仕事していると、日々のタスクをこなすことや

センスを磨くことに必死になるので、

何よりも大事な「生命の感動」を忘れがちになります(@_@;)

人間(お客様)も大事だけど植物も大事!

 

ぜるふでは一品・一株植えの楽しさも伝えていきますよ(^O^)/

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

チェリーセージ・グレッギーブルー

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る