植栽屋のノウハウぶろぐ

17.06.04

気付けば、久しぶりの更新になってしまいました。。

こんばんは、ぜるふ西田です(^^)

最近は繁忙期のため、じばいるの仕事に追われ、、

本日ようやくパソコンを開くことができました(^^;)

(タブレットでは時に操作が面倒なので。)

ブログは週に一回でも続けていきたいですね~。

良い情報を発信できるよう、頑張っていきますので、

これからもお付き合いよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

さて、本日は多肉植物の管理についてです。

最も多いご相談が、

「水やりはどのくらいの頻度でやればよいのでしょうか?」

という事です。

サボテンも同じくです。

水を与えすぎては枯らすし、放っておき過ぎても枯らしてしまうのが

これらの植物です(^~^;)

確かに、世間で言われているよりかは難しいかと思います。

 

ところで、どの植物においても水やりって、

厳密に言えば、

「何日に何回」というアドバイスはできないのですよね~。

なぜなら、日当たり具合や土の状態、風当り、

そして水やりの仕方などによって、

同じ植物でも生育環境が異なるからです。

しかしながら、一般のお客様(特に初心者の方)には、

「土が乾いたら底から出るくらいたっぷりと・・・」みたいな

プロ視点からのアドバイスでは逆に伝わらないことも多いので、

やはり、多少は予測して「何日に何回くらいで様子を見て・・・」

と言ったような、アドバイスが必要なこともあります(^^)

後は、お客様自身に適切なタイミングを掴んでいただく。

 

・・・話が随分とそれました(・_・)

それで、多肉植物やサボテンの場合の水やりのタイミングは、

「葉にシワが入ってきたらそれが一つの目安となります。」

できれば、そうなる一歩手前くらいのタイミングを掴んで与えられたらベストです!

5月~10月頃の成長期は2週間~4週間くらいに一回。

ただし、土の乾き具合と植物の様子をシッカリと観察してください。

続けていれば、水を欲しがっているか何となく分かるようになりますので(^_^;)

それ以外の時期は完全シャットアウト。

冬に下手に水を与えないことが一つのコツです(^^)

 

その他、水やり以外にも管理のポイントは色々とありますが、

本日はこれで割愛させていただきます<(_ _)>

外の植物だけでなく、室内の植物まで、

ぜるふで一緒に学んでいきましょう!

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

チェリーセージ・グレッギーブルー

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る