植栽屋のノウハウぶろぐ

17.12.24

週一回のガーデニングブログです。

こんにちは、ぜるふ西田です(^^)

あと一週間で今年も終わりですね~。

本当、あっという間です(><)

 

みなさんはお庭の植え替えなど

お済みでしょうか?

まだ季節の草花を植えていない方に

今回は「冬花壇の草花選択」

について、少しだけお話いたします。

 

 

冬花壇といえば、まず代表的なのが

大輪のパンジーと小輪のビオラ。

それから、ストック、アリッサム、

ノースポール、デージー、葉ボタン、

ガーデンシクラメン、プリムラ類

etc・・・。

ここで、効率の良い植栽ポイントを

いくつか紹介いたします。

 

①パンジー・ビオラは混合植えが基本

→ パンジーが多すぎると

  冬になるとモノによっては

  花付きが悪く寂しくなりがち。

→ 一方、ビオラが多すぎると

  花が小さい分、複数咲きが望めるが

  春になると手入れが大変になる。

→ 「よく咲くスミレ」などの

  中輪タイプはオススメ!

 

②ストックは用途で使い分ける

→ 八重咲きは種が付かないので

  一重咲きより手入れが楽。

  背を高くしたい場合は、

  銀葉よりも従来の緑葉タイプが良い

 

③アリッサムは株で選ぶ

→ 根が張っている苗は少ないので、

  黄葉が少なく密になっている

  できるだけ大きな苗を選ぶ。

 

④ノースポールは小さい株でも強靭

→ 誰にでも育てやすいので

  さほど気にし過ぎる必要はない。

 

⑤デージー・プリムラ類は

 葉と蕾が多いものを選ぶ

→ 花色だけで判断しない。

 

⑥ガーデンシクラメンは

 前々回のブログで書いた

 シクラメンと同様の選び方。

 

ついでに、栽培ポイント一例は

 

〇多少の霜よけができるとよい。

→ 他の植物の茂みになる所。

  軒下での鉢植えなど。

 

〇やや高植えが望ましい。

→ カビが生えるのを防ぐ。

  あまりにも高植えになると

  手入れの際に株ごと

  抜けてしまうので注意。

 

・・・長々となりましたが、

挙げればキリなくあります(^^;)

 

草花選択・植栽の詳細は

ぜるふの講座でご一緒に

ボチボチ学んでいきましょう(^^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る