植栽屋のノウハウぶろぐ

18.06.29

どうも、ぜるふ西田です(^^)

今週、一気に暑くなりましたね~。

多くの方は今後しばらく

庭作業はお休みでしょうか?(^^;)

好きでされる方も無理だけは

しないようにしてくださいね。

 

ところで、お客様のお悩みの

一つでもある、鉢や土などの

園芸ゴミ。

これって、みなさんは

どう処理されておりますか?

なかには、手付かずで放置という

方も多いかと思います(^^;)

 

 

産廃業者さんに依頼すれば、

ゴミ代はもちろん、回収・運搬などで

数万は掛かる所が多いようだし、

ご自身で捨てれば無料の場合も

それなりにあるけれども、

車を必要としたり、何よりも

仕分けなどの労力が掛かるので、

それはそれで大変です。。

 

鉢でいえば、プラ鉢は劣化するし、

素焼き鉢は重くて運ぶのにも

植え替えるのにも労力が掛かる。

土も同様、植え替えずにいたり、

枯れたりすれば、残ることになり、

結果、長く放置気味となり、

いざ片付けの際に大変になる。。

気楽にできる園芸も

これでは楽しめませんね(^~^;)

 

以下、僕からのアドバイスです。

 

①素焼き鉢よりもプラ鉢の方が

 少ない労力で楽しめる。

 

→ 素焼き鉢は整理に困るので

  極力少なめに。

 

→ プラ鉢は古くなればゴミの日に

  少しずつ捨てていく。

 

②木はなるべく植えない。

 

→ 植え替えが後々大変になる木は

  極力少なめに。

  植え替えがしやすい草花類を

  中心に植栽する。

 

③古くなった土は早めに処理する。

 

・市や業者に相談する。

・土地があれば根を除去して撒く。

・再生させて再利用する。

 

などが一般的ですが、

③は特に、悩みどころかと

思います。

 

いずれにしても、植物をはじめ、

処理に困った園芸資材や用土が

たくさんあると、

ガーデンスペース自体が活きません。

一度、植物の移植を含め、

整理整頓について、まずは

お庭の専門家に相談してみるのも

一つの良い方法だと思います。

 

最低限の植栽知識や技術はもちろん、

無理のない園芸手法を知ることで、

誰でも長く、気楽に園芸を

楽しんでいけるのも事実。

欲を言えば、常に相談ができる

専門家と良好な関係が持てれば

なおさら理想ですね (^O^)

 

ぜるふでも、ご自身でできる

気軽に楽しめる本格的な園芸、

お伝えしていきますよ!(^^)

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

宿根トレニア

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る