植栽屋のノウハウぶろぐ

18.12.22

週一回の庭・ガーデニングブログ。

どうも、ぜるふ西田です(^_^)

しばらく寒い日が続きましたが、

今年の冬はまだまだ暖かい方ですね~。

 

変わらず新サービスやっております。

これまでのぜるふ講座はもちろん、

興味がある科目だけスキル習得できる

庭管理の単発講座や、

必要な時に相談や指導を受けて、

ご自身のペースで庭改善していく

植栽カウンセリングもご利用ください(^^)

 

https://www.zelfgarden.com

 

 

さて、お庭の話といきましょう。

庭木の剪定において。

今までは不要な枝を取り除き、

各々の木にふさわしい樹形に整えていく

剪定手法だったのに、

それでも年に数件は、

 

「今回は背丈を短く切っていただけますか?」

 

とおっしゃるお客様もよくおられます。

 

もちろん、剪定方法の変更は可能ですが、

ここで一般の方にご了承いただきたいのは、

一般的に、

 

剪定量が増えるほど、労力+処分量の

増加により料金は高くなる。

 

ということです。

以下、剪定内容と料金について、

僕なりの考えを述べたいと思います。

 

 

 

〇弱・中剪定

 主に透かし剪定をはじめ、自然風剪定

 や刈込剪定など。

→ 4~5m以上の高木剪定は作業料金は高め。

  処分量は少な目ゆえ料金低い。

  管理維持費はそれなりにかかる。

 

→ 3m以内の低・中木などは比較的安価。

 

〇強剪定

 株元切り(コピシング)をはじめ、

 主に半分以下にするような剪定。

 

→ 初回は労力や処分量が増大するため

  金額は高め。

  年間管理の途中で剪定方法を変更した

  場合には追加料金がかかることも。

 

→ 次回以降の管理維持費は低くなることが

  多い。

 

※ただし、樹種によっては強く切ったことで

 余計に暴れて手が掛かることもある。

 

※傷口が大きいため、弱ったり、

 腐朽や病気などの心配もある。

 

※切り方が悪いと、当然枯れることも。。

 

最後に余談ですが、

もし、みなさんがいつでもいいので、

業者に剪定を依頼したいと思った場合、

業者にもよりますが、作業内容や

時期的な関係により、

 

晩秋~早春の作業が一年で

一番安価になる可能性がある。

 

というのも覚えておけば、

何かの際には役立ちます。

ただし、晩秋~年末は急な依頼だと

業者の予定がつかないこともありますが。

早めの相談がベターです!

是非、参考にされてください(^^;)

 

剪定は何かと奥が深いです。

ぜるふ講座でも、剪定方法やプランなど、

一緒に学んでいきますよ (^_^)9

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

チェリーセージ・グレッギーブルー

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る