植栽屋のノウハウぶろぐ

19.09.14

週一回の庭・ガーデニングブログ。

どうも、ぜるふ西田です(^^)

まだまだ、暑い日が続きますが、

ようやく、少しずつ晴れの日が出てきましたね~。

ガーデニングの秋が待ち遠しいですね~。

9月前半の3連休、楽しんでください^^

 

さて、今回もガーデニング話といきましょう。

みなさんは、植木を鉢植えされておられますか?

その場合は、プラスティック鉢でしょうか?

それとも、素焼き鉢などでしょうか?

植木を鉢植えで楽しみ育てるのも素敵ですが、

意外とその後の管理が大変なのも事実です。

 

☆植木の鉢植えは大変になる理由

 

①植え替えが重労働。

 

→ 成長すると根が回ってくるので、

  遅くても2~3年で植え替えが必要になる。

 

→ 植木の鉢は一般的に大きめなので、

  素焼鉢など重い鉢だと余計に重労働。。

 

②生育が衰えてくる傾向にある。

 

→ 特に最初から大きめの植木だと、

  植え付け当初は見栄えが良くても、

  時間が経つごとにボリュームが減りやすい。

 

→ 根が詰まってきたり、水不足、

  肥料不足などにより、葉数が少なくなったり、

  葉色が悪くなったりしやすい。

 

→ 背丈は伸びても、スカスカになりやすい。

 

③水やりがドンドン大変になってくる。

 

→ どこかのタイミングで植え替えをしないと、

  次第に根が回ってきて、土がすぐに乾いたり、

  または、根が回り過ぎると水を

  吸いきれなくなる。

 

→ 水を与えた分だけ、肥料分も

  ドンドン抜け出していく。

 

            etc・・・

 

 

 

 

このように、後々、後悔しないためにも、

植木を鉢に植える場合は注意が必要です。

 

・なるべく生育が遅い木の選択。

・苗木から小さく育てていく。

・軽めの鉢を使用する。

 

などの工夫があると良いですね^^;

 

一方、地植えにすれば鉢植えのような

管理の悩みは比較的改善されやすいですが、

より根が張って、生育旺盛のために

頻繁な剪定が必要になったり、

または、土壌が悪いと一層の生育不足も

考えられます。

なので、やはり専門家と一緒に考えていくのが

まずは大事な点だと思います。

 

植える木の種類や配置など、

植木の場合は一度植えてしまったら、

なかなか簡単に変更とはいきませんからね(^~^;)

 

ぜるふでも、本格的相談や専属指導、

スキルUP講座などを通して、

精一杯お手伝いさせていただきます <(_ _)>

記事一覧に戻る
おすすめコンンテンツ

随時更新中!植栽屋の庭管理植物リスト

エオニマス・エメラルドゴールド

PROFILE

植栽コンサルタント西田和也

毎年、自身の事業だけでなく、全国各地のガーデンスポット、ガーデンショップなどを多数巡り、役立つスキルの向上にも努めている。

詳しく見る